ウルトラマンドロシー

3DCGで女ウルトラマンの活躍?を空想するBLOG

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ドロシー、ウルトラのポーズ やや80ライクなファイティングポーズ
女性ウルトラマン ということ以外、現時点ではとくに設定はありません。
他のウルトラ兄弟たちと同様、地球の平和を守るため怪獣と戦ったりするようです。
戦士としてはまだまだ未熟?一人前気取りで健気に頑張ります。

空から地上を見守るドロシー
作品のノリとしてはなんとなく初代ウルトラマン~タロウあたりのイメージ。
とくに制作者はウルトラマンエースにはまっていたため
怪獣との戦いにおける動作や展開も、エースのそれが念頭にあります。
ちなみに、バトルはなんだかんだいって最後には勝ちます。ウルトラマンですので。

名前について
女性ウルトラマンということで、ウルトラドロシー、あるいはウルトラウーマンドロシーなのでは?
といったあたりで迷いましたが、あくまでもイメージ元はあの"ウルトラマン"であるため
イメージを重視して"ウルトラマン"ドロシーとしました。

人間体について
ドロシー人間体
フィギュアのチョイスがやたらとキャラクターライクなのは仕様です。

ウルトラセブンのように、ドロシー本人が地球人の姿に変身しています。
露骨にオッドアイですが、一応、右目がウルトラアイ的な役割になっているという設定です。
ウルトラマンの眼を表す金色の瞳がキュピーンと光って変身します。
(変身アイテム用の独自小道具を作る能がない製作者苦肉の設定)
スポンサーサイト
ウルトラマンドロシーの舞台設定として、あらすじや登場(予定)キャラを紹介します。
こういうのって、設定を生かせるかどうかは置いといて
考えること自体が単純に楽しかったりします。まさに空想ですからね。
※当然ながらこれらの設定は個人が考えたものであり公式とは一切関係ありません

■ウルトラマンドロシー(Ultraman Dorothy)
normal19.jpg pose_tv.jpg
M78星雲出身の光の巨人。故郷はウルトラの星とは別圏にある。
宇宙警備隊銀十字軍に所属する戦士ではないが
優れた格闘能力や、多彩な光線技を持っている。
しかし怪獣との実践経験は少ないため、油断することが多い。
なお、治癒能力はあまり得意でなくどちらかというと武闘派タイプらしい。

普段は人間の姿に変身し、舞台となる山岳地帯ふもとにある街で暮らしている。

■あらすじ

時系列は、ウルトラマン80の最終回からウルトラマンメビウスが始まるまで
地球に怪獣や宇宙人が一切現れなかったといわれる25年間のとある時期。

ドロシーは、光の国の王女ユリアンを憧れの存在としており
彼女(ひいてはウルトラ一族)とゆかりのある地球に興味を抱いていた。
地球が平和となり、ウルトラマンの助けを必要としなくなってしばらく経った頃、
ドロシーは単身、密かに地球人の姿に変身し、地球観光へ訪れていた。
とある地方の山岳地帯を旅行していたときのことである。
ドロシーは、ある一定のポイントで異様な磁場の乱れが発生していることを察知した。
さっそく独自に調査を開始するドロシー。すると、その地域一帯は
地球上の地図に一切載っていない”存在しない地帯”であることが判明する。

ほどなくして、山岳地帯に謎の凶暴進化を遂げた怪獣が出現した。
怪獣はふもとの街々を狙っているようだ。
本来なら地球の問題は地球人たちの力で解決するべきなのだろう。
しかし、もともと戦士ではないドロシーには、平和な街々が破壊されるのを
みすみす見逃すことができなかった。幸いここは”ミッシングエリア”・・・・・・

怪獣の侵攻を食い止めるべく、ドロシーはウルトラマンに変身。
誰にも知られることのない場所で孤高の戦いが始まるのだった。


上のドロシー紹介のような感じで、構想上のその他登場キャラクターを紹介します。
長くなりましたので[続きを読む]からどうぞ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。